就労可能な在留資格があれば日本で働くことができる

在留資格とは、外国人の来日の目的と滞在期間を示す資格です。全部で27種類あり、外国人登録証明書・パスポートの上陸許可証印・在留資格変更許可証印・在留期間更新許可証印・就労資格証明書等で確認ができます。

外国人の場合、日本でどんな仕事に就けるのかはどの在留資格を持っているかによって変わります。
在留資格のうち、永住者・永住者の配偶者・日本人の配偶者・定住者は職種や業種を問わず就労することが可能ですが、この他の在留資格は就労できる仕事に制限があります。

ご自身の在留資格の就労範囲がわからない場合は、こちら(英語)(日本語)でご確認下さい。

 

在留資格の範囲外の活動がしたい場合は?

在留資格外の仕事に就きたい場合、または留学生がアルバイトを行う場合は、実際に資格外の活動を始める前に「資格外活動許可」を申請する必要があります。
資格外活動許可が下りれば就労の範囲は広がりますが、本来の在留資格の活動を全く無視して働けるわけではありません。いくつかの注意事項があるので、下記を遵守しましょう。

<注意事項>
●本来の在留資格の活動を妨げる活動はしないこと。
●本来の在留資格の活動を継続して行うこと。
●資格外活動では、特別な知識や技術を要しない単純労働を行わないこと。
●風俗関連など、法令違反または公序良俗に違反する活動を行わないこと。

※在留資格の活動を停止して資格外の仕事のみを行うことはできません。
※資格外のお仕事をご希望の場合は、在留資格の活動を妨げない範囲での副業をご紹介することとなります。

申請手続きは、必要書類を用意して居住するエリアを管轄する地方入国管理局で行って下さい。

<必要書類>
●資格外活動許可申請書
●在留カードまたは外国人登録証明書
●パスポートまたは在留資格証明書
●身分証